care and treatment ニキビのケア・治療

種類別ケアについて

一生残ってしまうようなニキビ跡を防ぐためにも、日ごろのケアは非常に重要です。こちらでは、ニキビのケア方法について解説します。

丁寧な洗顔で清潔なお肌作り

基本的なことですが、まずは毎日の洗顔を意識することが大切です。
洗顔には、余分な皮脂や汚れ、メイク残りなどを落とす効果が期待できます。これらをそのままにしておくと、毛穴が詰まりニキビのできやすい環境となってしまいます。
ポイントは、丁寧に洗いながらも力は入れすぎないよう注意することです。皮膚は繊細な部分なので、刺激が強いと炎症を起こす原因となってしまいます。また、同様の理由から、洗顔剤残りがないようすすぎも入念に行うとより安心です。

健やかなお肌に欠かせない保湿

美肌ケアの中でも、保湿は欠かすことができない手順です。
ぷるぷるしっとりとした見た目、質感を作ることに加え、肌のターンオーバーも促します。新陳代謝は、細胞が十分な水分で満たされていてこそ働く機能であるためです。天然由来の成分をなるべく利用するとより効果的です。

食による体内からのケア

皮膚をはじめとした体を作るのは、やはり食事に他なりません。そのため、食事の内容一つでニキビのできかたも大きく変わってきます。
コツとしては、特定の食材、栄養素にこだわって摂るのではなく、バランスよく食べることです。このとき、ニキビの原因である皮脂の過剰分泌が起こらないよう、糖質、脂質をできるだけ避けるといった心がけも大切です。
また合わせて、体内で作り出せないミネラルや、新陳代謝を活性化するビタミンCといったサプリメントも適度に摂取しておくと、さらなるケア効果が期待できます。

欠かすことができない睡眠

人の体は、十分な睡眠をとることでさまざまな機能が整えられます。
疲れやストレスを癒やすのはもちろん、成長ホルモン分泌や新陳代謝の活性化など、ニキビケアする上でも重要な働きが期待できます。
日々忙しく生活する人も少なくないかもしれませんが、できるだけ長く睡眠時間をとれるよう心がけることがニキビケアに繋がります。