care and treatment ニキビのケア・治療

二度とニキビを招かない肌のケア いろは。

やっとニキビが治ったのにまた再発…そんな負のスパイラルに陥る人も少なくありません。特に大人ニキビは繰り返しやすいもの。しかし毎日の心がけで、ニキビをできにくくすることも可能です。今回はニキビを繰り返さないための、基本のケアをご紹介しましょう。

■その1:正しいスキンケア方法を身につける

まずは普段のスキンケアを見直しましょう。洗顔・保湿はニキビ予防の基本。毛穴が塞がったり皮脂が過剰に分泌されたりすることがニキビ発生の要因となるので、毎日の洗顔でメイクや汚れをしっかり落としてあげましょう。クレンジングは肌質に合ったものを選び、洗顔料はよく泡立てて優しく洗ってください。決してゴシゴシと洗わず、すすぎは念入りに。そして乾燥肌はニキビの原因になります。お肌が乾燥していると皮脂が大量に分泌される上に毛穴が固くなって塞がりやすくなるので、たっぷりと保湿してあげましょう。

また、ファンデーションはなるべく油分の少ないノンコメドジェニックタイプを選ぶと良いでしょう。髪の毛が顔にかからないよう、ヘアスタイルにも気を遣ってください。更にニキビ跡がシミにならないように日中の紫外線対策は万全に。夏だけでなく一年中UVケアは行いましょう。そして定期的にクリニックでケミカルピーリングを行って、古い角質を取り除くようにすれば完璧です。

■その2:生活習慣の乱れを整える

ニキビの発生は、ホルモンバランスの乱れと大いに関係があります。生活習慣の乱れによってホルモンのバランスが崩れると、皮脂が過剰に分泌されて肌トラブルの原因に。逆に言えば、正しい生活習慣でホルモンバランスを整えることがニキビの予防に繋がります。

外食やコンビニで食事を済まさず、野菜を中心に栄養バランスの良い食事を心がけましょう。皮膚を作るタンパク質と、そのサポートをするビタミン群を意識して摂取してください。タンパク質は肉や魚、卵、牛乳、大豆製品などに、ビタミン類はニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜や、きのこ類、豚肉、ナッツなどに多く含まれています。また過剰なアルコール摂取や煙草も控えましょう。

そしてたっぷりの睡眠を取りましょう。肌のターンオーバーは、夜寝ている間に行われます。一日6~8時間の睡眠時間を確保してください。できればお肌のゴールデンタイムと言われている午後10時~午前2時に就寝していると効率的です。

■その3:ストレスをできるだけ溜めない!

ストレスはニキビの大敵です。ストレスが溜まると自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れ、肌荒れを起こしてしまいます。なるべくストレスを溜めない生活を心がけましょう。

運動はオススメのストレス解消法です。ストレスを軽減できるだけでなく、汗をかくことで毛穴の汚れを押し流すことができるため、ニキビ予防に効果的。また半身浴でじっくり汗をかくことも同様の効果を得られます。その他にも好きなことや趣味を存分に楽しんだり、リラックスできる時間を多めに設けたりして、普段からストレスフリーな生活を意識しましょう。