care and treatment ニキビのケア・治療

ビタミンをお肌に塗る?それってニキビにいいの?十分注意すべきこと。

「美肌にはビタミン」という話は有名です。でも「直接肌に塗るのは?」と考えた方も多いのではないでしょうか?実際に、ニキビに直接ビタミンを塗ることで治りが早くなるケースも確認されています。しかし直接肌にビタミンを塗る際には、いくつか注意したい点があります。※お肌に塗るビタミンCは刺激が強く初期は肌あれを起こす可能性があります。

■食事では摂取しにくいビタミンC

ビタミン類、特にビタミンCは健康で若々しいお肌を保つために欠かせない栄養素です。

経口摂取でビタミンCを摂取すると、メラニンの働きを抑えて美白作用をもたらし、コラーゲンの生成を促進します。そして活性酸素を除去してお肌の老化を抑え、ターンオーバーを促進するためお肌の改善にも効果的。肌トラブルの改善には必須の栄養素と言えるでしょう。

しかし、食事からはなかなか摂取しにくいのが現状です。ビタミンCは熱に弱いため加熱調理によって壊れやすく、また腸内でも消化液によって破壊されてしまいます。更にビタミンCは身体にとっても欠かせない栄養素なので、お肌に回ってくる前に内臓や脳など体内でどんどん消費されてしまうでしょう。そのため、効率的にビタミンCの力をお肌に与えたい時は、直接お肌に塗布する方法が有効です。食事と合わせて活用していきましょう。

■初心者は刺激による肌荒れに注意!

一般的に肌に直接塗るビタミンCは「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分が配合され、経口摂取よりもお肌、特にニキビには効果的と言われています。ビタミンCの配合された美容液をニキビに直接塗ることで、ターンオーバーを促して早期に改善することが可能となります。クリニックにもイオン導入というメニューがあり、ビタミン等を肌に塗布することでニキビの改善を目指します。

しかし、ビタミンは刺激が強い成分。ビタミンと言えば果物や野菜ですが、生のビタミンは空気に触れることによって酸化します。果物の輪切りなどを顔に乗せることでお肌表面のビタミンが酸化し、炎症を起こすケースもあります。初心者が自分で行う場合、逆に肌荒れを起こす可能性もあるため、注意しましょう。

オススメは、生の果物よりも顔に塗るタイプの製品として販売されているビタミンCです。まずは健康な部分に少しずつ塗って様子を見てください。

■ハチミツやビタミンC誘導体配合の化粧水でケア

ビタミンは果物だけに含まれているわけではありません。古くから万能薬として重宝されてきたハチミツにもふんだんに含まれています。ニキビの赤みを消すビタミンCはもちろん、皮脂の分泌を調節してお肌のターンオーバーを促すビタミンB群も豊富。ハチミツパックにして、ニキビに直接塗布すると良いでしょう。

また、化粧水にもビタミンCが含まれているタイプがあります。それが「ビタミンC誘導体」配合と書かれている化粧水。そのままではなかなかお肌に吸収されにくいビタミンCを、他の分子と結び付けることで吸収率を上げ、酸化しにくくしています。こちらも最初は多少ピリピリすると感じるかもしれませんが、しばらく使って様子を見てみましょう。