prevention ニキビの予防

ニキビを防ぐには

ニキビは、思春期のみならず、大人も含めあらゆる人が抱える悩みです。大人であってもホルモンバランスの乱れによりニキビができてしまいます。ここでは、ニキビ予防の効果的な方法をご紹介します。

肌をいたわりながら丁寧に洗う

普段から気をつけられる方法としては、洗顔への心がけが挙げられます。ニキビは毛穴の脂や汚れが詰まることでできやすくなるため、しっかり洗い落とすことが大切です。
このときポイントとなるのが、力を入れすぎず、優しく洗うという意識です。特に、すでにニキビができてしまっているときは注意が必要です。刺激が加わることで、より炎症を悪化させてしまうので、石鹸や洗顔フォームの洗浄力を信頼し、泡で包み込むように洗いましょう。

ニキビ対策に適したケア

ニキビができる大きな原因のひとつは、ホルモンの乱れなどで起こる皮脂の過剰分泌です。そのため、肌には油分の少ないケア製品や化粧品を使うのが一般的な対策になります。
しかしこのとき、油分を奪い過ぎてしまうと逆効果となります。過剰な油分と共に、肌の乾燥もまた、ニキビを作ってしまいやすい状態となります。乾燥により肌が角質化することで、皮脂や老廃物を留めやすくなってしまうためです。そのため、皮脂を取り除く意識も持ちつつ、最低限の保湿も欠かさないようにします。

ホルモンバランスを崩さない心がけ

最後に、ホルモンバランスを良好に保つことも忘れてはなりません。ホルモンは、ストレスのほか、食生活の偏りや睡眠不足、便秘などの影響を受けて乱れやすくなります。これにより、肌の新陳代謝機能であるターンオーバーが乱れ、ニキビの発生へと繋がるのです。
つまり、規則正しい食生活を心がけるのが重要だということです。バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度なストレス解消などで、良好な状態を保つことで、ニキビの発生を抑えることができます。基本的なことではありますが、非常に有効なニキビ予防法です。