Prevention ニキビの予防

ストレス社会が私の大人ニキビを作る。。。大人ニキビ撃退とストレスを感じない方法

そもそもの原因を解消するのが一番です。人間関係の場合は話し合い、騒音の場合は防音装置の導入など、具体的な対策を立てましょう。一人で抱え込まず、家族や上司などに相談してください。また引越しなどの逃避も時には重要です。

■ストレスと大人ニキビの関連性

大人ニキビとは、20歳を超えてから発生するニキビのこと。思春期の頃にできるニキビがホルモンの活性化に伴う皮脂の過剰分泌が原因なことに対して、大人ニキビはストレスや生活習慣の影響が主な原因となります。

社会に出て、仕事や家庭、人間関係など学生時代とは違う悩みに強いストレスを感じている方は多いでしょう。心理的なストレスは交感神経を刺激し、自律神経を乱します。自律神経が乱れるとホルモンのバランスが狂い、アンドロゲンやテストステロンなど皮脂分泌を促すホルモンが多く分泌されるようになります。そのため脂性肌になり、毛穴がつまってニキビや肌荒れを起こしてしまうのです。

■ストレスニキビができたら

思春期にできるニキビと違い、大人になってからできるニキビは同じ場所に再発しやすく、治ったとしても跡に残りやすいと言われています。以下の方法で、正しく大人ニキビを撃退していきましょう。

・スキンケアをしっかりと
濃いメイクを落とすためにゴシゴシと擦るのは逆効果。なるべく肌に負担をかけずに、優しく顔を洗いましょう。また、洗顔後の保湿も大切です。

・紫外線対策をする
日焼け止めを塗ると悪化しそうだと考える人もいますが、全く紫外線対策をしないのは逆効果です。紫外線によってニキビが日焼けするとシミになりやすいので、きちんとUVケアをしましょう。

・栄養をバランス良く摂る
忙しさのあまり外食やコンビニ弁当で食事を済ませるのは、お肌のターンオーバーを阻害します。お肌のもとになるタンパク質と、その助けを行うビタミン類を意識して摂取しましょう。

・たっぷり睡眠時間を確保する
お肌の修復・再生は、夜眠っている間に成長ホルモンが分泌されることによって行われます。できれば毎日6~8時間は睡眠時間を確保しましょう。

・適度に運動する
運動することで新陳代謝をアップさせ、古い角質を落とすことができます。ストレスの解消にもなるので、日々の生活の中でもなるべく身体を動かしましょう。

■ストレスを溜めないためには?

現代社会においてまったくストレスを感じないようにすることはできませんが、ストレスを軽減することはできます。そのために有効な方法は、大きく分けて「原因をなくす」「なるべく感じないようにする」「発散する」の3種類です。

・ストレスの原因をなくす
そもそもの原因を解消するのが一番です。人間関係の場合は話し合い、騒音の場合は防音装置の導入など、具体的な対策を立てましょう。一人で抱え込まず、家族や上司などに相談してください。また引越しなどの逃避も時には重要です。

・なるべくストレスを感じないようにする
考え方や見方を変えることで、ストレスを受け流しましょう。たとえば上司に怒られた時、「自分のために怒ってくれている」と考えると苛立ちが薄れるはず。また完璧を目指さず、「こういうものだ」と思うことで理想とのギャップに苦しむことがなくなります。

・ストレスを発散する
溜まってしまったストレスは、小まめに発散する必要があります。休息を取ってゆっくりしたり、好きな音楽を聞いてリラックスしたり、好きなことをして楽しんだりしましょう。特にお風呂にゆっくり浸かるのは、副交感神経が優位になる上にニキビ予防にもなるためオススメです。