Prevention ニキビの予防

化粧水で本当に変わる?ニキビ女子の成功チョイスと失敗チョイス!

見た目的にも気持ちの上でも嬉しくないニキビ肌は、できる限り避けたいものです。ニキビに悩まされた経験のある女性は、少なくないことでしょう。効果的な予防を目指すなら、ぜひ化粧水にこだわってみてください。正しいチョイスができれば、ニキビ知らずの健康肌を目指せます。

■化粧水の役割について

化粧水は、ニキビケアをするための下地作りとして使用します。洗顔やメイク落としをした後は、皮脂が極端に少ない状態となっています。ニキビは皮脂が溜まることでできるため、ケアとしてはとても有効です。ただ、乾燥したままの状態もまた、バリア機能が低下しており、ニキビや肌荒れが現れやすい環境です。さらには、美容液や乳液、クリームといったケア成分が浸透しにくい状態でもあります。そこで役立つのが、化粧水なのです。

化粧水の使用は、乾いた肌に潤いを与え、状態を安定させる効果が期待できます。細胞のキメが整い、敏感な状態を和らげ、そしてケア成分は行き届きやすくなります。シンプルな存在ながら、欠かせないスキンケアの一つなのです。

■ニキビ肌対策に適したチョイス

さて、同じ化粧水でもいくつかの種類に分かれます。まず大きな種類分けとして、皮脂を抑えるさっぱりタイプと、保湿に適したしっとりタイプに分類できます。前者がオイリー肌向け、後者は乾燥肌向けです。一見、ニキビの大敵である脂っぽさを抑える前者が適しているように思えるかもしれませんが、後者のしっとりしたタイプの方がニキビケアには効果的です。

上記で紹介したとおり、洗顔後は皮脂がきれいに洗い流されています。そのため、オイリー肌であったとしても、まずは保湿することが重要となるのです。潤い成分であるヒアルロン酸やアミノ酸、またイオン導入で知られるビタミンC誘導体が入った製品などは効果的です。またその他、ニキビのできにくいノンコメドジェニックを選んでも良いでしょう。症状がどうしても気になるようであれば、日々のケアに合わせて実際イオン導入を取り入れても良いかもしれません。

■実は不向きな化粧水失敗チョイス例

まず一つに、しっとりタイプと真逆のタイプであるさっぱりタイプは、ニキビケアには不向きです。乾燥をより促進してしまい、ニキビができやすい環境ができてしまいます。特に注意したいのは、さっぱりタイプで多く見られるアルコール入りのものです。すっきりとした感覚が心地よいかもしれませんが、すっきり感と一緒に水分も蒸発させてしまいます。また、大人ニキビにお悩みの方は、10代向け化粧水も避けましょう。仮にしっとりタイプであっても、思春期ニキビ向けに作られているため、逆効果ともなってしまいやすいです。