Archive 記事一覧

  • 治らないニキビ。週1で出来るニキビケア。
  • お尻にもニキビ。シミや痛みが出る前にしたい予防のこと
  • やりすぎは厳禁!ピーリングで気をつけたいこと

「ニキビの予防」記事をもっと見る

prevention ニキビの予防・詳細

ニキビを防ぐには

ニキビは、思春期のみならず、大人も含めあらゆる人が抱える悩みです。大人であってもホルモンバランスの乱れによりニキビができてしまいます。

  • 予防 1

    肌をいたわりながら丁寧に洗う

    普段から気をつけられる方法としては、洗顔への心がけが挙げられます。ニキビは毛穴の脂や汚れが詰まることでできやすくなるため、しっかり洗い落とすことが大切です。

  • 予防 2

    ニキビ対策に適したケア

    ニキビができる大きな原因のひとつは、ホルモンの乱れなどで起こる皮脂の過剰分泌です。そのため、肌には油分の少ないケア製品や化粧品を使うのが一般的な対策になります。しかしこのとき、油分を奪い過ぎてしまうと逆効果となります。

  • 予防 3

    ホルモンバランスを崩さない心がけ

    ホルモンバランスを良好に保つことも忘れてはなりません。ホルモンは、ストレスのほか、食生活の偏りや睡眠不足、便秘などの影響を受けて乱れやすくなります。

「ニキビを防ぐには」についてをもっと見る

生活習慣について

ニキビの大きな原因は、ホルモンバランスの乱れです。そのため、ホルモンバランスを日ごろから整える意識を持つことができれば、ニキビの発症も予防できます。そしてその鍵となるのが生活習慣です。

  • 食生活の見直しでホルモンを整える

    正常なホルモンバランスには、栄養バランスのとれた食生活が欠かせません。あらゆる栄養を理想的なバランスで摂れるよう、意識することが大切です。

  • 肌への好影響が期待できる栄養を意識的に摂る

    食生活は、肌へ悪影響を及ぼす反面、ニキビを予防することにも繋げられます。食材の中には、ニキビの原因を防いだり、またニキビ跡をスムーズに治すことが期待できる栄養を含むものも存在します。

  • 正しいスキンケアやたっぷりの睡眠でさらなる予防を

    食生活への意識は、もっとも自然体なニキビ予防法の一つといえます。しかし、ホルモンバランスを常日頃から安定させておくことは、容易でありません。

生活習慣をもっと見る

肌質別予防

同じ皮膚にできるニキビでも、肌質それぞれで適切な予防法、ケア方法は異なります。自分に合った方法を知ることが、とても重要です。

  • 乾燥肌が気になる人向けの予防法

    乾燥しているということは、皮膚の潤いが十分でない状態です。乾いた肌では細胞が正しく機能しにくく、ターンオーバーの異常を起こしやすくなります。毛穴は固くなり、内部の皮脂や古い肌細胞が溜まりやすく、これによりニキビ肌へと繋がります。

  • ベタつきが目立つオイリー肌向けの予防法

    一般的に知られるニキビの原因は皮脂の過剰分泌であるため、オイリー肌の方がニキビになりやすいイメージが強いかもしれません。特に思春期は、この原因でニキビに悩まされる人が多いです。

  • 部位によって乾燥とベタつきそれぞれがある混合肌の場合

    肌質がはっきりしていればケアもしやすいですが、それぞれの特徴が同時に見られる混合肌は、少しケアに気を遣わなければなりません。

  • 敏感肌タイプの人が予防するなら

    敏感肌は、ほこりや花粉、紫外線など、ちょっとした刺激でトラブルを起こしやすいです。わずかな炎症からニキビに繋がることも多いので注意が必要です。

  • 症状が広がりやすいアトピー肌について

    アトピーの場合、治療薬に用いられるステロイドが原因となりやすいです。とはいえ、ステロイド使用を抑えると次はアトピーが悪化するため、安易な判断はできません。

肌質別予防をもっと見る