サロン治療法と料金

ほっぺニキビを早く治す改善マニュアル。

ポツンといつの間にかできているほっぺたのニキビ。目につく部分のため、鏡を見る度に憂鬱な気分になるものです。しかし顔にできるニキビには部位ごとに原因があるもの。一刻も早くキレイに治すためにも、原因と正しいケア方法を知っておきましょう。

■頬にニキビができる原因とは?

Tゾーンと比べて皮脂が少ない頬ですが、意外と大人ニキビができやすい部位です。皮脂が少ない分とても乾燥しやすく、お肌のバリア機能が低下気味。そのため髪の毛や寝具についた雑菌が付着すると、それが刺激となってすぐにニキビができてしまいます。そしてお肌の乾燥はストレスなどによるホルモンバランスの乱れによって加速するため、体内環境の乱れを受けやすい部位と言えるでしょう。暴飲暴食やお酒の飲み過ぎなどによって胃腸や肝機能が低下すると、血行や栄養状態が悪くなってお肌のターンオーバーが乱れ、敏感な部位である頬にニキビができやすくなります。

■スキンケアで頬ニキビを改善!

頬ニキビにとって乾燥と刺激は大敵です。そのため保湿ケアをしっかり行うこと・頬に刺激を与えないことが基本の対策となります。

ポイント1:セラミド配合のスキンケア用品を使う
保湿成分として優秀なセラミドは、即効性があるためニキビができてからのケアにもオススメです。化粧水や乳液、美容液でたっぷりと潤いを与えてあげましょう。また週に2回ほど保湿パックをすることで、充分な水分量をキープできます。

ポイント2:髪型やメイクを変える
毛先が頬に当たるヘアスタイルの場合は、髪を耳にかけたり結んだりして刺激を避けましょう。またニキビができている間は、お肌の負担を減らすためにメイクを薄くしたいものです。ファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプを選びましょう。

ポイント3:清潔な寝具を使う
毎日使っている枕には、汗や化粧水が染み込んで雑菌が繁殖しています。できれば毎日、最低でも3日に1回は枕カバーを洗ったり取り替えたりしましょう。枕に清潔なタオルを巻くだけでも違います。

■身体の内側から頬ニキビを改善!

頬は身体の内側の状態を如実に表す部位でもあります。生活習慣を整え、ホルモンバランスを正常に戻していきましょう。

ポイント1:食生活を見直す
外食やレトルト、コンビニ弁当をやめ、栄養バランスの取れた食事を摂りましょう。特に肝臓に負担をかけるアルコールやスナック菓子、揚げ物は避けた方が無難。ビタミンの豊富な野菜や果物、食物繊維の豊富な海藻やキノコ類、アミノ酸が豊富な大豆製品を意識して摂取してください。

ポイント2:睡眠をたっぷりとる
眠っている間に成長ホルモンが分泌され、お肌の修復や再生が行われます。一日6~8時間の睡眠時間を確保しましょう。また寝る前は携帯電話やパソコンの画面を見ないように心がけ、室内の灯りを落として良質な睡眠を心がけてください。

ポイント3:ストレス解消に励む
ストレスはホルモンバランスを崩す大きな原因です。ストレスの元を取り除くか、こまめに発散するようにしてストレスを溜めないよう心がけましょう。運動したりお風呂にゆっくり入ったりして汗をたっぷりかくと、ニキビ予防にもなります。

ポイント4:クリニックで薬を処方してもらう

生活習慣の改善が難しい場合や、できるだけ確実性を高めたいという場合には、クリニックで処方してもらえる「ロアキュタン」という薬がおすすめです。ビタミンAの一種であるイソトレチノインという成分を配合した内服薬で、抗菌・抗炎症作用に優れています。既に炎症が起きている状態にも有効です。利用したい場合はクリニックに足を運んでみましょう。