Factor ニキビの原因・詳細

ニキビのできる場所と原因

ニキビは皮脂や角質などが毛穴に詰まることで炎症が起こっている状態ですが、ニキビができる場所によって原因が異なるといわれています。ニキビができやすい場所と原因を紹介します。

  • おでこのニキビ

    おでこや髪の生え際は皮脂分泌が多く、髪の毛が触れる刺激などの外部要因もあるためニキビができやすい場所です。また、おでこは比較的新陳代謝が活発なため、痕が残りにくいといわれています。
    思春期には、特におでこニキビができやすくなります。ホルモンバランスの変化により、皮脂が過剰分泌されることが原因です。また、大人ニキビの場合には、外部からの刺激やシャンプーの洗い残し、整髪料が原因となっていることがほとんどです。そのため、それらの刺激を取り除くことがケア方法となります。

  • 口まわりのニキビ

    口周りにニキビが繰り返しできる方も多いでしょう。口周りにニキビができる原因は複数あるといわれていますが、体の冷えが関係していることがあります。体の冷えにより血流が悪くなることの影響やホルモンバランスの乱れがニキビにつながるのです。
    頬ニキビと同様に大人ニキビであることが多いため、生活習慣の改善や肌の保湿を行うことが主な対策となります。

  • 頬のニキビ

    頬にニキビができる原因は、生活習慣の乱れとスキンケア方法にあるといわれています。頬はおでこ同様にホルモンバランスの変化や睡眠不足、食生活による影響を受けやすいです。また、ヘアスタイルやメイクも関係しているといわれています。
    頬のニキビは目立ちやすいため、ヘアスタイルをアレンジしてニキビを隠そうとする方も多いでしょう。しかし。髪の毛が当たることの刺激や汚れが悪化させてしまうこともあるのです。同様にメイクでニキビを隠すことで、毛穴が塞がれ肌の負担となってしまうため、これらも頬ニキビの原因といわれています。
    頬ニキビの多くは大人ニキビといわれるものです。これは肌の乾燥や角質の蓄積によって引き起こされるため、洗顔などのケアに注意することが大切です。